本文へスキップ

私たちは東京多摩地区を中心に活動している市民合唱団です

多摩混声合唱団

先生方の紹介

指揮者 渡辺三郎先生           ピアニスト 鷲宮美幸先生
ヴォイストレーナー 岩見真佐子先生    ヴォイストレーナー 関口直仁先生


渡辺 三郎 Saburo Watanabe(指揮者)

 東京藝術大学卒業。東邦音楽大学大学院教授、東京藝術大学非常勤講師、お茶の水女子大学非常勤講師を経て現在、東邦音楽大学名誉教授。日本合唱指揮者協会会員、日本声楽アカデミ一会員。
 各種合唱コンクール、講習会、合唱祭などの審査員、講師をはじめ、教育活動と並んで演奏活動に、また合唱運動に精力的に取り組んでいる。その活動の場は日本国内だけではなく、1987年ベルリン市制750年記念演奏会(ベルリンフィルハーモニーとの共演によるブラームス『ドイツ・レクイエム』他)での合唱指揮、1990年ヨーロッパ音楽フェスティバル(クラクフ、ベルリン、ウィーン、東京にてマーラー『千人の交響曲』他)の合唱指揮、東邦音大の演奏旅行での指揮その他、海外での演奏活動も多い。
 2007年、渡辺三郎作詞『"日本語で歌う"ルネッサンス世俗混声合唱曲集』(カワイ出版)※を発刊。多摩混声合唱団、合唱団鐘の音、季節(とき)の会指揮者。
(※http://www.onetwo326.com/から試聴、楽譜の閲覧ができます)


鷲宮 美幸 Miyuki Washimiya(ピアニスト)

 桐朋学園大学ピアノ科卒業。在学中パリに留学し、帰国後第56回日本音楽コンクール入賞を皮切りに、UFAM国際コンクール、国際ピアノデュオコンクールなど数多くのコンクールで入賞している。
 ベルリンフィルハーモニー管弦楽団のクリストフ・ハルトマン、イ・ムジチ合奏団のマッシモ・バリス、ミッシャ・マイスキーなど数多くの外国の著名な演奏家と度々共演、好評を博している。
 シンガポールなど国内外のオーケストラ公演のソリストとしても活躍中。NHK BS『ぴあのピア』、NHK FM『名曲リサイタル』に度々ソロ出演。
 オメガ・トリオ(Vn松実 健太、Vc唐津 健)のメンバー。多摩混声合唱団 常任ピアニスト。
(ホームページ:http://miyuki-washimiya.com/


岩見 真佐子 Masako Iwami(ヴォイストレーナー)

 東京藝術大学音楽学部声楽科卒業、同大学院修士課程修了。二期会オペラ研修所優秀賞受賞、第五回モーツァルト国際音楽コンクール声楽部門第三位受賞。大学院在学中よりミュンヘンにてE.ヘフリガー氏に師事、日本声楽家協会の派遣にてウイーン留学。
 二期会本公演『魔笛』にてオペラデビュー。ソプラノのE.マティス氏に代わりバッハ『ロ短調ミサ』ソリストに抜擢され、国内外の主要オーケストラと共演。文化庁オペラ研修所20周年記念公演、国際NGO連盟協議会演奏会(於エルサレム)、13年東京文化会館にてゲーテの詩によるリサイタル、文科省教材録音等出演。
 東邦音楽大学専任講師。日本声楽アカデミー会員、日本演奏連盟会員、二期会会員。多摩混声合唱団ヴォイストレーナー。

関口 直仁 Naohito Sekiguchi(ヴォイストレーナー)

 東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。
 『フィガロの結婚』『コシファントゥッテ』『椿姫』『ドン・パスクアーレ』『レクイエム』『メサイア』『第九』などオペラや宗教曲でソリストを務める一方、2007年、2008年、2012年 小澤征爾音楽塾に合唱として参加。2010年新国立劇場地域招聘公演 札幌室内歌劇場『月を盗んだ話』などに参加。
 子どもやファミリーを対象にした公演にも積極的に参加しており、『ラ・フォルジュルネ・オ・ジャポン2012 キッズプログラム』や北区文化振興財団主催『芸大と遊ぼう in 北とぴあ』シリーズなどへ出演、井上あずみ、タケカワユキヒデと共演した。舞台での演奏活動のほか、TVCFやアニメ、映画音楽など多数のレコーディングに参加。
 村松玲子、三林輝夫、青島広志、福島明也の各氏に師事。
 浦安男声合唱団、桜門男声合唱団、日本建築学会楽友会男声合唱団指揮者。OhMON CHORヴォイストレーナー。2012年第6回ホテルオークラ「第九」バスパートヴォイストレーナー。多摩混声合唱団ヴォイストレーナー。